MENU

【資格受験報告】第158回 日商簿記検定1級試験を受けてきた

 【昨日は日商簿記検定1級の試験日】

 去年11月に『はじめての人の簿記入門塾』を読んでから、3級、2級と合格。

 引き続いて、簿記1級を目指しており、昨日は2回目の簿記1級試験日。

 

 『はじめての人の簿記入門塾』の記事はこちら

nameless-bookshelf.hatenablog.com

 

 前回の試験の記事はこちら。 

nameless-bookshelf.hatenablog.com

 

 今回は前回に比べれば、全体的にかなり解けた。

 少なくとも、商業簿記の大爆死はない。

 工業簿記と原価計算も、まあまあの出来。

 

 ただ、唯一にして大問題は会計学だな。

 なんせ語句問題がボロボロすぎた。

 薄らぼんやりしか覚えてないことが露呈。

 そこさえ行けてれば合格してると思うんだが、もし次があるなら、語句問題強化合宿だわ、こりゃ。

 ・・・よくよく考えたら、工業簿記・原価計算の知識系も落としてるから、不安になってきた。

 

 あと、もう1点懸念を挙げるなら、今回から問題用紙・計算用紙も回収になったこと。

 おかげで自己採点できないから不安でいっぱい。

 計算間違いは一応チェックしたけど、何か書き間違ってたらドミノ倒しもあるからなぁ。

 

【勉強方法の振り返り】

 今回も、勉強は引き続いて、TACの過去問題集がメイン。 

 

 あとは、本屋で見かけた工業簿記のテキストが面白すぎて、つい買ってしまった。

 うーん、こんなに面白いなら、もっと早くにテキスト買っときゃよかったな。 

  

【次回に向けて】

 前回をふまえて、時間を計りながら過去問を解いたりしておいたので、時間配分はけっこう上手くいった。

 反面、反省としては、知識面で語句問題の弱点が見つかったので、次があるならそこを要強化。

 そういう問題集で集中的に勉強するかな。